【GRWM】今日は結婚式ダヨ!

述語は、文の中で、どうする・どんなだ・なんだ・ある(いる・ない)を意味する言葉です。例えば、次の例では下線の箇所が述語にあたります。述語は文末にあり、主語をくわしく説明するのが特徴です。

述語の例文

森本さんが走る
森本さんは大食いだ
森本さんは部長だ。 夕日が美しい

【お呼ばれメイク】結婚式やパーティーに!小田切ヒロおすすめの華やかなメイクをご紹介!【アラサーメイク】

この文型では、述語は白星様専用出品"> + 助動詞で文の中で「何だ」という意味をあらわします。

彼女は新聞記者だ

これで安心!ゲストマナー★結婚式当日編【長濱迎賓館】第96回

ここまで解説したように、述語は文末にあって「どうする・どんなだ・何だ」という意味をあらわしますが、述語の一覧をまとめると以下のような例があります。

述語の一覧例
「歩く・走る・見る・食べる・泳ぐ」などの動詞
「きれいだ・安全だ・静かだ・にぎやかだ」などの形容動詞
「美しい・美味しい・若い・大きい」などの形容詞
「新聞記者だ・小学生だ・本だ」などの名詞+助動詞

【長濱迎賓館】第35回 意外と知らない?!食事マナー

述語の働き、見分け方について一覧や例を交えて解説しました。ポイントは3つです。

述語とは

  • 述語は文の中で「どうする・どんなだ・なんだ・ある(いる・ない)」をあらわす役割
  • 述語は主語を説明する
  • 述語の見分け方は、主語を見つければよい

【結婚式コーデ】8style!アパレル女子のお呼ばれコーデ【パーティードレス】